2010年会長メッセージ

陽はまた昇る、あきらめないで

三農東京同窓会会長  池 畑  守

日本のトップがころころ代わる。庶民の暮らしは一向に改善されない。国内政治の安定で将来を見定めた経済運営をお願いしたいものです。

 さて、去る5月18日に同窓会本部会長の東 昭悦さんが御逝去されました。昨年の総会で、十和田市役所を定年退職されていたので会長に選任され、これから大いに会の発展のため働いてくれるものと、われわれも期待しておりましたが、誠に残念でなりません。御冥福を心よりお祈りいたします。

 昨今は、不景気が中国・インド等の少数国を除いて未だ回復せず、日本は不況のどん底から抜け出したとはとても思えない。東京近郊を除く各地方・特に十和田市周辺のシャッター通りには泣けてきます。これだけ不景気が続くと農家の売る農産物の価格下落にも波及し、収入の減少が懸念されます。宮崎県で猛威を振るっている家畜伝染病「口蹄疫」は畜産農家の経済的損失と、全国の畜産農家は将来に不安をかかえている。初動体制の遅れが招いた人災とも言える。一日でも早い終息を願うものです。

 このような状況をみると、大学生、高校生の就職活動に大きく影響して、本人はもとより親も心を痛めております。でも負けてはいけません。景気には一定の循環があり、また景気は回復します。まじめに勉強・仕事をしている人には"陽はまた昇る"のです。同窓会の仲間には、健康に留意し日々を送ろうではありませんか。

 来る9月12日は三農東京同窓会総会・懇親会が開催されます。お互いの親睦を深め、日ごろのストレス発散ができる楽しい集いにしたいと思います。万障お繰り合わせのうえご参加くださるようお願い申し上げます。

2010年08月12日 | カテゴリー: 会報


このエントリーをはてなブックマークに追加



Check